胆道がんとは・・・

biliary

胆道にできた、がんになります。肝臓でつくられた胆汁(消化液)を十二指腸に至るまでの全ての経路を「胆道」と言います。

また、がんの発症部位により、「 肝内胆管がん 」と「 肝外胆管がん 」に分けられますが、一般的には肝外胆管がんを胆道がんと呼びます。

biliary01

● 胆のうがん
胆のうから発生するがんです。肝臓と十二指腸をつなぐ胆のう管の中間地点に位置し、肝臓でつくられた胆汁(消化液)をためておく、袋状の臓器を胆のうと呼びます。

● 胆管がん
胆管にできたがんになります。肝臓と十二指腸をつなぐ長さ8センチほどの細い管で、肝臓でつくられた胆汁(消化液)を十二指腸へ流す役割をしているのが胆管です。

胆道がんの原因

今日までにさまざまな研究がなされてきましたが、現状は胆道がんに関して、発症率が低いために、医学的に決定的要因は証明されていません。ですが、発症リスクを高めるであろう危険因子があります。

胆道がんの症状

胆道がんの症状 黄疸

胆道がんと胆管がんの症状の中で、最も特徴的なのは、黄疸です。

一方、胆のうがんは初期段階では自覚症状がほとんどなく、症状が現れて診断を受けた時には、既に進行がんであることが多いです。

胆道がんの検査・診断

胆道がん、胆管がん、胆のうがん、いずれも下記の検査が中心になります。

超音波(エコー)検査 / CT検査 / MRI / MRCP検査 / ERCP / PTC

胆道がんの治療方法

胆道がん、胆管がん、胆のうがん、いずれも下記内容の治療法になります。

胆道がんの主な治療法 外科療法 / 放射線療法 / 化学療法

胆道がんの生存率

胆道がんステージ1期:5年生存率は、約90%
胆道がんステージ2期:5年生存率は、約35〜45%
胆道がんステージ3期:5年生存率は、約15〜20%
胆道がんステージ4a〜4b期:5年生存率は、約5〜7%

*胆道がん、胆管がん、胆のうがんによっても、5年生存率が異なります。

胆道がんの転移・再発・末期

胆道がんは、胆のうがんと胆管がんに分けられますが、胆のうがんの場合、初期であれば胆のう摘出によって約90%以上が根治し、再発することはありません。

胆管がんに関しては、胆のうがんと比較すると発見されやすいがんですが、胆管が細く、周囲にがん細胞が浸潤するスピードが速いため、進行がんで見つかることが多く、転移しやすいのが特徴です。

最新ニュース