胆道がんの主な検査・診断

CT検査、MRI検査、内視鏡検査(超音波内視鏡、ERCP)などを行い、治療方針(手術、抗がん剤、放射線療法)を決定します。

◼︎ 超音波(エコー)検査

エコー

胆道がんの疑いがある際に、最初に行われる検査です。痛みもなく、外来で手軽に行えます。閉塞性黄疸の症状が出ている場合、胆管の閉塞部を知ることができ、ある程度の腫瘍もとらえることができます。

◼︎ CT検査

腫瘍部位や広がりを調べる検査です。
超音波検査よりもさらに詳しく調べることができますが、強いX線を浴びることや、造影剤によるアレルギーが起こることなどのリスクがあります。

◼︎ MRI検査

MRI

CTと同じ断層撮影ですが、X線を使用しないため被爆のリスクが全くありません。

◼︎ MRCP検査

MRI装置を用いて行うものですが、胆のう・胆管などに的を絞って行う検査です。造影剤を用いずに胆管を描出することができます。

◼︎ ERCP検査

口から内視鏡を挿入し、胆管を直接造営する検査で、精度の高い画像をとることができます。また、この検査で胆汁を直接採取し、精密検査を行うこともできます。

◼︎ PTC検査

皮膚・肝臓を通して体の外から針を刺し、造影剤を注入してレントゲン撮影を行う検査です。上記のERCPが行えない場合に有効な検査方法です。

最新ニュース