膀胱がんとは・・・

bladder

膀胱の上皮ががん化したもので、膀胱内に多発して発生する事が多いです。特徴として、全体の約90%が移行上皮がんです。移行上皮がん以外には、尿管や腎盂にも同様にがん(腺がんと呼ばれる)が存在してることもあります。

◼︎ 膀胱がんの種類

種類

● 上皮内がん
膀胱粘膜にがん細胞がばら撒かれているようながんです。他臓器の上皮内がんは非常に早期のもので治療成績は良いものの、膀胱にできる上皮内がんは少し厄介です。

● 表在性がん
性質は比較的おとなしいことが多く、胃がんや大腸がんなどと同様に比較的に治りやすいと言われます。ほとんどの場合が内視鏡手術で治療することが可能で、膀胱を取る必要がありません。
しかし、もともと表在性がんであっても長期間放置すると筋層へと浸潤します。また、再発しやすい特性もあります。

● 浸潤性がん
膀胱粘膜、粘膜下層を越えて筋肉の層以上の深さにまでがん細胞が進んでいる状態です。
一般的にがん細胞の悪性度が高いことが多く、深ければ深いほどリンパ節転移や他臓器への転移を起こしていることがあります。それに伴い予後も悪くなります。

膀胱がんの原因

男女比については、男性が約3倍と多く、加齢とともに発生頻度が高くなっています。また、喫煙者も非喫煙者の2〜3倍と発生率が高くなる傾向があります。

膀胱がんの症状

膀胱がんの症状 痛みのない(無症状)血尿

最も多くみられる痛みのない(無症状)血尿があげれらます。これは肉眼的血尿といって見た目に血液が混じっていて、膀胱がんの可能性が高いと考えられます。

また、膀胱炎とよく似た症状ですが下腹部の痛みと排尿痛があります。さらに、初期症状としては少ないですが、水腎症による背中への鈍痛を感じることもあります。

膀胱がんの検査・診断

膀胱鏡と呼ばれる特殊な検査器具で行われます。軟性鏡といって胃カメラのように自由に屈曲できるファイバースコープで膀胱内を観察します。がんが疑われる際は腫瘍の一部を生検し病理学的にがんを診断することができます。

また、合わせて他がん種と同様に、CT、MRI、胸部X線、腹部エコーでがんの進行と転移の状況を確認します。

膀胱がんの治療方法

外科療法が中心です。表在性がんの場合は内視鏡で行う手術になり、浸潤性がんの場合は開腹しての手術が主です。また、病変や患者さんの状態により、抗がん剤治療や放射線療法が行われます。

外科療法にて膀胱を全摘した場合、尿道も摘出されるため、新たに尿路を再建しなければなりません。その場合、腹部に排尿口をつくる尿路変更術が行われます。

膀胱がんの主な治療法 外科療法が中心

膀胱がんの生存率

ステージ1期:5年生存率は、約95%
ステージ2期:5年生存率は、約80~85%
ステージ3期:5年生存率は、約40~55%
ステージ4期:5年生存率は、約25~30%

*上皮内がん、表在性膀胱がん、浸潤性膀胱がんによっても、5年生存率が異なります。

膀胱がんの転移・再発・末期

膀胱がんは1〜2年の間に再発する確率が非常に高いです。その内、約20%は悪性度が高くなります。転移しやすい部位としては、「リンパ節」「肺」「肝臓」「骨」があげられます。

末期膀胱がんの場合、すでにがんが広がってしまっている場合が多く、手術での切除が困難です。したがって、転移がある場合は、抗がん剤治療や痛みなどを緩和する緩和ケアが中心となります。

最新ニュース