膀胱がんの主な原因

膀胱がんは下記のような要因が、主な原因になると考えられています。

◼︎ 喫煙

喫煙者と非喫煙者を比較すると、発症リスクが約2~4倍も上がることから喫煙との関係性も指摘されています。罹患者のうち男性の約半数、そして女性の3割は喫煙によって発症していると言われています。

◼︎ 化学物質(職業性曝露)

染料工場や皮革加工で使用されるベンチジン、アミノビフェニル、ナフチルアミンなど、化学物質を扱う職業的な曝露が原因で発症するケースがあります。

◼︎ 特定の薬物

精神安定剤(クロルプロマジン)、解熱鎮痛薬(フェナセチン)、抗がん剤(シクロフォスファミド)などの特定の薬物は、膀胱がんの発症リスクを高めるようです。

◼︎ 食べ物

緑黄色野菜の摂取不足、高たんぱく食物の過剰摂取などもリスクを高めると指摘されています。

◼︎ 加齢

高齢になるほど発症しやすいという事から、加齢との関係性も要因の一つです。男女比については、男性が約3倍と多い傾向にあります。

◼︎ 腎臓結石、膀胱結石

腎臓または膀胱内に結石ができている人は、結石が膀胱内を長期間刺激することにより、膀胱がんの発症リスクが上がると言われています。

◼︎ 尿道カテーテルの長期使用

尿道カテーテルの長期使用も膀胱内を長期間刺激することにより、膀胱がんの発症リスクが上がると言われています。

◼︎ 移植

腎臓移植を受けたことがある方も発症リスクが高いと考えられます。

最新ニュース