悪性骨腫瘍の主な原因

現状、原発性悪性骨腫瘍が発症するはっきりとした原因は分かっていません。

しかし最近の研究で、がん抑制遺伝子に異常がみられる場合、発症リスクが高まるということが報告されています。また、日常においても気にかけるべき点はあります。

◼︎ フッ素

日本では、歯磨き粉、うがい薬などに含まれている化学物質になります。

この化学物質は微量であれば問題がないとされていますが、アメリカの飲料水にはフッ素が殺菌剤として混入されているため、日頃からフッ素を摂取することで発症リスクが高まっていると言われています。

日本の飲料水にはフッ素は含まれていませんが、歯磨き粉には含まれています。しかし、その量で発症リスクが高まるのかどうかは定かではありません。あくまでもリスクを高める要因であって、原因とみなされているわけではありません。

◼︎ 乳がん、前立腺がんなどの原発がんからの転移

転移性骨腫瘍は、他部位に発生した原発性の悪性細胞が主として血液や骨髄、リンパの流れを介して骨(骨髄)に運ばれること(転移)によって起こります。

◼︎ 放射線

過去に何らかの治療により大量の放射線を照射された経験のある方は、発症リスクが高まると言われています。

最新ニュース