脳腫瘍の主な原因

脳腫瘍(中枢神経を含む)の発生率は、1年間に人口10万人に対して約3.5人と言われています。
また、脳腫瘍の原因は、いまだ研究段階ではっきりと判明していませんが、統計的にみると下記の内容があげられます。

◼︎ 食生活や生活習慣

食生活

食事の内容で進行を促進させるものとして、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取などがあげられます。

生活習慣の中で進行を促進させるものとして、過度のストレス・喫煙などがあげられます。

◼︎ 身内に罹患者がいる場合や病気を持っている場合

遺伝性は科学的に立証されたわけではありませんが、家系に他臓器のがん・脳腫瘍になった人がいる場合は、脳腫瘍になるリスクが高いと言われています。

また、結節性硬化症を持つ人は、発症リスクが高いと言われています。

◼︎ 携帯電話やパソコンの電波

携帯電話やパソコンを長時間使用していると、その電波によって発症リスクが高くなると言われていますが、因果関係はまだはっきりとしていません。

◼︎ その他

放射線の被曝、有機溶剤などの化学物質、外傷などもあげられています。

最新ニュース