脳腫瘍の転移・再発

発症部位により全摘出が困難なケースも多いですが、もし全摘出ができれば治癒が可能な腫瘍もあります。しかし、不完全な摘出の場合は、残存腫瘍の再肥大は避けられません。

■ 再発・転移部位

再発・転移

再発性脳腫瘍は、治療後に再び腫瘍が現れることを指します。脳腫瘍はたびたび再発し、最初の腫瘍発症から何年も後になって再発するケースもあります。
再発・転移は脳の同じ部位や中枢神経系の他部位に発症するケースもあります。

脳腫瘍の末期

腫瘍が大きくなると脳が圧迫されて、激しい頭痛や嘔吐が起こります。
腫瘍部位にもよりますが、歩行障害、麻痺の悪化、痴呆症状、嚥下障害のため気管に食物や唾液が流れ込み肺炎を併発することが多いため、注意が必要です。

脳腫瘍末期の患者さんの半分くらいの方がほとんど、痛みを感じなくなるようで、最期の数日は意識がほとんど無い状態が続きます。

最新ニュース