乳がんの一般的な症状

しこり

乳がんの代表的な症状はしこりです。

しこり、腕をあげたときに乳房の形が異常、左右の大きさが違う、皮膚が硬い など

乳がんは脇下のリンパ節に転移しやすく、脇下に違和感が現れることもあります。乳頭から分泌される分泌液に、血液が混ざっている場合も注意が必要です。

がん以外の病気も考えられるため、茶褐色のような分泌液が出た場合はすぐに病院を受診しましょう。男性の乳がんの場合は、乳房の異常発達がみられます。

非浸潤がんの症状

代表的なしこりが無いことがほとんどです。
しこりが無いため無自覚の場合も多く、その他の症状では乳頭からの茶褐色の分泌液や乳頭・乳輪のただれなどが見られます。

浸潤がんの症状

代表的な症状は、乳房とリンパ節のしこりです。乳がんのしこりは5mmから1cmぐらいの大きさになると、注意深く触診をすると分かる状態です。

その他では、乳房にえくぼができる・リンパ節の腫れなどがあり、遠隔転移している場合はその臓器の症状が現れます。肺転移の場合は咳、骨転移の場合は腰や背中が痛むなどの症状です。

乳房パジェット病の症状

乳頭部及び乳輪部に湿疹のような赤い炎症がおき、また皮膚が剥がれびらんという状態になります。その際、かゆみや痛みが生じます。

一般的な乳がんのようにしこりを形成しないため、普通の湿疹と思われ症状が悪化してしまうことも多いようです。

最新ニュース