がんとは・・・

ヒトの身体は、約60兆もの膨大な細胞で構成されています。そして、細胞に保存されて毎日のようにコピーされている遺伝子がミスコピーされることで遺伝子にダメージを与え、それによりがん細胞が生まれてしまいます。

hassei

罹患数の統計

国立がん研究センターがん対策情報センターによると、2009年のがんによる死亡数は344,000人で、1975年とでは倍以上に増加しています。日本での死因に関しても、がんは第1位で約3人に1人が亡くなられている状況です。

原因

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、いくつかの要因が重なり合って起こっていると考えられています。

早期発見、検査、診断

医療技術の飛躍的な進歩により、近年では早期発見・早期治療を行えば、治癒率は非常に高くなっています。根治を目指すためには、早期発見が重要な鍵です。そのためには、がん検診を活用していきましょう。

再発と転移

「転移」とは、がん細胞がリンパ液や血流に乗って他臓器や器官に流れ、行き着いた場所で増殖することを言います。

「再発」は、がん治療後に体内に潜んでいた微小ながん細胞が増殖して、検査に引っ掛かるほどの大きさになることです。初発と同じ場所か近しい場所に再発した場合は「局所再発」と言われ、比較的治療しやすいと言えます。

最新ニュース