がんの原因

はっきりとした原因はまだ解明されていませんが、いくつかの要因が重なり合って起こっていると考えられています。

02-01

主な要因

加齢、高齢 / ストレス / 環境汚染 / 喫煙、副流煙 / 栄養不足 / ウイルス感染 / 過剰な飲酒 / 睡眠不足 / 体型、体質    など

上記のような要因が重複し、長期間による蓄積によって影響していると言われています。

特に食生活と喫煙

◼︎ 食生活

特に、食生活と喫煙は大きな影響を与えると言われています。1996年にハーバード大学の研究で、食生活の改善により約30%のがん死亡を回避できるという報告をあげています。

また日本でも、食の欧米化が一般家庭に広がるにつれ、大腸がんや前立腺がんなどの欧米で多く見られるがん種が増加しています。そのことからも、食生活の内容は、がんに大きく影響するものと考えられます。

◼︎ 喫煙

さらに喫煙に関しては、タバコ自体に数十種類の発がん物質が含まれていると言われています。日本の研究では、がん死亡による男性の約半分、女性の約5%前後には喫煙が深く関わっていると言われています。もちろんこれは、副流煙も含まれます。

多くのがんは上記であげたような要因が多く重なり、さらにその環境に長期間置かれることで発症リスクが上がってしまいます。

最新ニュース