がんの早期発見、検査、診断

医療技術の飛躍的な進歩により、近年では早期発見・早期治療を行えば、治癒率は非常に高くなっています。根治を目指すためには、早期発見が重要な鍵です。そのためには、がん検診を活用していきましょう。

初期症状は重要

がんの初期症状は、がん種によっては自覚症状がない場合や、風邪などの他の病気と酷似している場合もあります。

身体の部位などによって異なるかもしれませんが、症状を自覚した時点で、がんはすでに進行し転移しているケースも珍しくありません。

だからこそ、がんは自覚症状が無いのうちに発見することが重要なため、がん検診や定期検診は必要なのです。

gairai_08

【 主な検査・診断方法 】
血液検査 / X線・X線造影検査 / 超音波(エコー)検査 / CT検査 / MRI検査 / シンチグラフィー検査 / 内視鏡検査 / 気管支鏡検査 / 腫瘍マーカー / 病理組織検査(細胞診) / 遺伝子検査    など

最新ニュース