がんの転移

「転移」とは、がん細胞がリンパ液や血流に乗って他臓器や器官に流れ、行き着いた場所で増殖することを言います。

リンパ液が合流するリンパ節への転移や、骨などの骨髄液が集まりやすい場所、肺・肝臓・脳など血液の流れが豊富な場所への転移が多く見られます。

転移

また、初発から遠い場所に転移することを「遠隔転移」と言い、リンパ液の流れに乗って広がることを「リンパ節転移」と言います。

がんの再発

kensa_09

「再発」は、がん治療後に体内に潜んでいた微小ながん細胞が増殖して、検査に引っ掛かるほどの大きさになることです。初発と同じ場所か近しい場所に再発した場合は「局所再発」と言われ、比較的治療しやすいと言えます。

しかし、遠隔転移によって初発より離れた場所で再発する「遠隔再発」は、がん細胞がすでに全身に広がっている可能性があるため、化学療法を行うことになりますが、根治の可能性は低くなり多くの場合、延命治療が中心となります。

がんを全切除しても油断は禁物

上記のように、初発のがんを手術などで全切除できたように見えたとしても、身体の中には検査にも映らない目に見えないほどの微小ながん細胞が残っている可能性があります。

そのためがん種によっては、再発や転移について早めに診断・治療を行ったり、目に見えない微小な転移があるものと想定した上で、再発や転移の可能性を減らすために放射線や化学療法などの治療を行うこともあります。

07-03

最新ニュース