がん治療費について

ほとんどの日本人は、何らかの健康保険に加入しているため、受診・治療時には治療費の1~3割の負担のみとなります。

しかし最近のがん治療では、高度技術・新薬の活用・治療期間の長期化など多くの条件下により保険を適用しても、患者さんの負担額は数10万〜数100万円になるケースもあります。

緩和ケア

末期がんに対するケアというイメージが強かった「緩和ケア」ですが、療養時のがんによる痛みや辛さ、精神的な面での負担を軽減させるために、現在では初期治療から積極的に取り入れられています。

精神面(心)のケア

がんと告知された瞬間、「まさか自分が」「何かの間違い」「たまたま」などの否定的な思考になる方が多いです。そして、治療・仕事・金銭面・家族のことなど、さまざまな不安を持つ方も多くいらっしゃいます。

最新ニュース