精神面(心)のケア

がんと告知された瞬間、「まさか自分が」「何かの間違い」「たまたま」などの否定的な思考になる方が多いです。そして、治療・仕事・金銭面・家族のことなど、さまざまな不安を持つ方も多くいらっしゃいます。

しかし、それらが大きなストレスとなり長期間抱えてしまうと、心身ともにダメージを受けてしまいます。

がん告知された際の心理状態

医療技術が飛躍的に進歩したことで、ほとんどの場合、がん告知は患者さん本人に告げられます。告げられた患者さん自身は大きなショックを受けてしまい、あまり診断結果を認めようとしないケースが多々あります。

がん告知の直後は、多くの方が強い不安に襲われます。特に告知直後の約3日間は、この大きなショックからなかなか立ち直れないと言われています。

その後、約1〜2週間が経つと、今度は物事に集中できない、不眠症、食欲不振などの心身の変調に気付き始めます。「どうして自分だけが・・・」「何故こんな目に・・・」といった行き場のない怒りや孤独感、不安と悲しみに襲われます。

さらに約2週間が経つ頃には、少しずつ平常心を取り戻すことができます。

がんの発症を受け入れ、「クヨクヨしてもしょうがない」など、落ち着いて情報収集をし始めたり、積極的に治療と向き合おうとする気持ちに切り替わっていきます。
ここまで来れば、ほとんどの方はがんとの共存を受け入れる心の準備が整います。

※全ての方が上記のような流れになることはありません。1日の間でも心理状態は変化し、個人差も現れます。ただ、がんを発症したことに適応できず、より不安が増したり、鬱が悪化するなど「適応障害」に陥る場合もあるため、注意が必要です。

一人で抱え込まずに無理せず自分のペースを心がけて、多少時間がかかっても治療に積極的に取り組めるように、気持ちをコントロールすることが重要です。
周囲には悩みに答えてくれる多くの専門家(精神科や精神神経科、心療内科、臨床心理士など)がたくさん居るため、気兼ねなく相談していきましょう。

最新ニュース