大腸がんの一般的な症状

貧血

下血や血便は痔と間違えやすいのですが、排便時に痛みを伴わない場合は大腸がんの可能性が高いです。しかし初期の大腸がんはほぼ症状がないため、発見が遅れることも少なくありません。

主な症状 : 下血、血便(黒ずんだ便)、原因不明の下痢・便秘、貧血 など

結腸がんの症状

下痢、便秘、腹痛、体重減少、食欲不振など消化器系の症状から全身症状まで

初期段階では自覚症状がなく、便潜血検査などで偶然発見される場合があります。

結腸がんの種類

上行結腸がん、横行結腸がん、下行結腸がん、S状結腸がんがあります。

主な症状 : 血便・下血・下痢と便秘の繰り返し・便が細い・残便感・おなかが張る・腹痛・貧血・体重減少など

また、がんによる腸閉塞で起こる嘔吐などの症状で見つかったり、先に転移した肺や肝臓の腫瘤として大腸がんが見つかることもあります。

直腸がんの症状

最も多いのは血便です。痔と間違えやすいことや便に関することなので、相談しにくいという理由で検査を後回しにしてしまうと、早期発見が難しくなります。

主な症状 : 血便、腹痛、便秘 など

肛門がんの症状

出血、粘液分泌、しこり、かゆみ、排便時に強い痛みが続く など

肛門管とその周辺にできるがんを総称して肛門がんと呼びます。はっきりとした原因は解明されていませんが、痔瘻が原因で発症する場合もあります。

痔瘻が原因の場合は痔と勘違いしてしまい、治療が遅れ、進行がんになっているというケースも少なくありません。痔の場合は鮮血が出ますが、肛門がんは赤黒い血が出ます。

最新ニュース