腎臓がんの主な原因

腎臓がんの原因とされている危険因子は長期の喫煙があげられています。喫煙量と喫煙期間が長くなるにつれ発症率が高くなります。
その他では高脂肪食や発がん物質なども関与すると言われています。

食事

生活習慣

■ 喫煙 : 喫煙量と喫煙期間が長期になるとともに、発症リスクが上がっていきます。
■ 食事 : 高脂肪食(動物性脂肪・蛋白質の過剰な摂取)による、食の偏りは腎臓に負担を与えてしまいます。

病気

■ 糖尿病・高血圧 : 左の病気以外にも、常染色体優勢遺伝性の疾患をもつ方は、腎臓がんの発症リスクが高いです。
■ ー結節硬化症(プリングル病) : 全身疾患になり、皮膚、神経系、腎、肺、骨など至る所に過誤腫と言われる良性腫瘍ができて遺伝する病気ですが、腎臓がんのリスクを高めます。
■ ー多発性嚢胞 : 腎臓に嚢胞(水がたまった袋)がたくさんできて、腎臓の機能が徐々に低下する遺伝性の病気です。腎臓に負担を与えてしまうため、発症リスクがあります。

その他

■ 遺伝 : 発症しやすい家系があることが知られていますが、家系内発症以外の遺伝子分析に関しては、まだ研究段階となっています。
■ 年齢・体型 : 加齢:腎臓がんは高齢者に多く発症しています。肥満(特に女性)は発症リスクを4倍にし、高血圧では2倍と言われています。
■ その他(腎盂・尿管がん) : 特殊な化学染料や石油由来の有機溶媒(トリクロロエチレン)、カドミウム、アスベストに長期間晒されることなどが発症リスクを上げると言われています。

最新ニュース