腎臓がんの転移・再発

腎臓は血管がとても多い臓器で、血液を濾過するため腎臓に送り込まれる血液は、全身に流れている血液の約4分の1になります。

そのため腎臓がんの転移は、がん細胞が血流に乗って全身に流れやすく、肺、肝、骨などといった血行性転移が多いことが特徴です。また、比較的リンパ節転移もしやすいとされています。

【転移しやすい部位】
肺・骨・リンパ節・膵臓・肝臓・脳など

時には、大きな静脈である下大静脈や心臓にまで達する事もあります。
転移しやすい特徴のがんのため、転移チェックとして腎臓以外の検査も大切になってきます。

また一般的にがんは、治療終了後5年を過ぎると再発の危険性が少なくなるため、この時点で完治と判断されます。しかし、腎臓がんについては進行スピードが遅い特徴から、治療終了後、早い時期に転移がんが見つかるとは限りません。

がんを手術で完全切除したと思っていても、10年後に再発が見られる場合もあります。手術などによる治療が一旦落ち着いたように見えても、その後の転移・再発の可能性もあるので、医師と相談ながら経過観察をしていくようにしましょう。

腎臓がんの末期

末期になると転移が多く起こります。
末期では手術ができないケースも多いため、転移が広がると腎臓以外の場所での痛みも強く感じるようになります。

肺・骨・血液、さらには胃・小腸、激しくなると脳にも転移が進んでいきます。
末期になればなるほど、治療の目的は、いかに苦痛をコントロールするかが重要になってきます。

【末期の主な症状】
・骨転移すれば、手足のしびれや、強い痛みなどの症状
・肺転移では、咳、 痰、血痰、呼吸困難、胸水の症状
・貧血
・むくみ
・腹水   など・・・

腎臓がんの末期は、進行が進めば進むほど全身に痛みが現れます。また転移によって、原発巣以外のがんの発症と進行により、その部位でがんの痛みが伴います。

最新ニュース