喉頭がんとは・・・

larynx01

喉仏を中心としてできるがんで、頭頸部に発症するがん種では最も多いと言われています。
喉頭がんは大きく3つに分けられ、声帯部位にできるがんを声門がん、声帯より上にできるがんを声門上がん、声帯より下にできるがんを声門下がんとして分類されています。

喉頭がんの原因

喉頭がんは高齢者に多く見られ、男性では50〜80代、女性でも高齢になるとともに増加傾向にあります。また、女性の喫煙率が上がることで、女性の患者数も増えているようです。

喉頭がんの症状

喉頭がんの症状 主に、のどや声に関する症状など

喉頭がんの症状は、がんの発生部位(声門、声門上、声門下)により異なります。
例えば、声門がんでは「嗄声」。声門上がんでは「のどの違和感や異物感」。声門下がんでは「初期症状はほぼ無し」などがあります。

喉頭がんの検査・診断

まずは視診から検査され、そこから状態によって検査方法が選択されていきます。

視診 / 喉頭ファイバースコープ / 病理組織検査 / 画像検査

喉頭がんの治療方法

治療法はがんの部位(声門がん、声門上がん、声門下がん)によって異なります。

    • 声門がん : 放射線治療 / 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)
    • 声門上がん : 放射線治療 / 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)
    • 声門下がん : 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)
喉頭がんの主な治療法 外科療法 / 放射線治療

喉頭がんの生存率

どのがん種でも言えることですが、ステージ・年齢・全身状態等によって条件は変わりますが、喉頭がん全体の5年生存率は、約70%と言われています。

  • 声門がんステージ0〜1b期 : 5年生存率は、約90%
  • 声門がんステージ2期 : 5年生存率は、約85%
  • 声門がんステージ3期 : 5年生存率は、約60%
  • 声門がんステージ4a〜4c期 : 5年生存率は、約40%
  • 声門上がん・声門下がんステージ0〜1期 : 5年生存率は、約90%
  • 声門上がん・声門下がんステージ2期 : 5年生存率は、約80%
  • 声門上がん・声門下がんステージ3期 : 5年生存率は、約60%
  • 声門上がん・声門下がんステージ4a〜4c期 : 5年生存率は、約40%

喉頭がんの転移・再発・末期

初期段階で見つかれば、他がん種と比較して治癒率が高いです。しかし、半年〜1年程放置してしまうと、大きながんになり転移するケースがあります。また、治療後最初の1〜2年のうちに再発することが最も多いです。

末期に至ってしまうと治療の有効性が極めて低くなり、根治は困難になってしまいます。また、治療後の再発リスクも高まります。

【 喉頭がんの末期症状 】
のどの痛みが酷くなる / 出血 / 血痰 / 嚥下障害 / 呼吸困難  など

最新ニュース