喉頭がんの主な治療方法

治療法はがんの部位(声門がん、声門上がん、声門下がん)によって異なってきます。

  • 声門がん : 放射線治療 / 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)
  • 声門上がん : 放射線治療 / 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)
  • 声門下がん : 外科療法(喉頭部分切除術・喉頭全摘出術・頸部郭清術)

◼︎ 放射線治療

高いエネルギーのX線などの放射線をあてて、がん細胞を傷つけ小さくします。喉頭も温存することができるため、早期の声門がんに対して多くの場合、放射線治療が行われます。

◼︎ 外科療法

外科療法

● 喉頭部分切除術

一般に、早期の声門がんが喉頭部分切除術の対象になります。小さな早期がんにはレーザー手術が行われることもあります。喉頭部分切除は、発声機能を保つには有用で声門がんでは喉頭垂直部分切除が行われます。

● 喉頭全摘出術

がんが広い範囲に及ぶ場合などには、喉頭全てを摘出する喉頭全摘出術が第一選択の治療になります。喉頭を全て取るので声は失われます。そのため、最近は本来の適応を超えて、進行がんであっても声を出す機能を温存するために「喉頭亜全摘出術」が行われる場合もあります。

※ 喉頭亜全摘出術・・・がんと声帯など喉頭の4分の3を切除し、喉頭の上下の骨は残しておく手術です。

● 頸部郭清術

声門がんで頸部のリンパ節転移がある場合、片側または両側の耳の後ろから鎖骨までの範囲のリンパ組織を含んだ部分も切除する頸部郭清術が行われます。

喉頭がんから頸部リンパ節への転移は、がん細胞が頸部のリンパ管を通ってリンパ節へ到達して起こるので、リンパ節のみ切除してもあまり意味がなく、リンパ管とリンパ節をすべて切除してはじめて意味があります。

リンパ系は主に頸部の皮膚裏面の脂肪組織の中に含まれるので、頸部郭清術はその脂肪組織を切除することになります。

【 代用音声 】

治療法はがんの部位(声門がん、声門上がん、声門下がん)によって異なってきます。

代用音声

喉頭全摘出術により声を失った場合は、身体障害者の3級に認定されます。また、声帯に代わる代用音声として、食道発声法、シャント発声法や器具(人工喉頭)を用いた発声法があります。

最新ニュース