白血病の主な原因

医学的に完全には解明されてはいませんが、要因の一部は分かってきています。
がんは遺伝的要因が大きいと一部で言われていますが、白血病は他がん種と違い遺伝することはありません。

また、成人T細胞白血病だけは母から子へ母乳感染することがありますが、その他の白血病は伝染することもありません。

◼︎ 放射線被ばく

代表的な要因は放射線被ばくです。
広島と長崎の原子爆弾、そしてチェルノブイリ原子力発電所事故のあとその周辺で白血病が増加したため要因の一つと考えられています。

◼︎ 先天性の染色体異常

ダウン症候群 / ブルーム症候群 / ファンコニー貧血 など

先天性の遺伝子異常を持つ人は、白血病になる可能性が高くなるようです。

◼︎ 喫煙

成人の白血病の約60%といわれる急性骨髄性白血病は喫煙者が多いというデータがあります。

◼︎ 化学物質

ベンゼン、トルエンなどの化学物質も要因の一つと考えられています。

◼︎ 抗がん剤

全ての抗がん剤というわけではなく、アルキル化剤を含む抗がん剤(シクロホスファミドやダカルバジン)が要因といわれています。

◼︎ 一部のウイルス

HTLV-I / EBウイルス など

この2つのウイルスも要因の一つと考えられています。

最新ニュース