肝臓がんとは・・・

liver

肝臓がんは「原発性肝がん」「転移性肝がん」に大きく分類でき、その原因や性質、治療法が全く異なります。

また原発性肝がんには、肝細胞そのものががん化する「肝細胞がん」、肝臓内部の胆管細胞ががん化する「胆管細胞がん」などがあります。そのうち日本では約90%が「肝細胞がん」とされています。

肝臓がんの原因

がんはその多くが原因不明ですが、その中でも「肝細胞がん」は主要原因がほぼ特定されています。その最も重要な原因はウィルス性感染症の持続感染です。

ウィルス性肝炎の持続感染により、慢性肝炎、肝硬変と移行し、遺伝子の突然変異が積み重なることによって肝細胞がんへ移行してしまいます。

肝臓がんの症状

肝臓がんの症状 初期はほぼ無自覚

初期はほぼ無自覚で、胃がんや大腸がんに比べ進行が遅く見つけづらいがんです。

「沈黙の臓器」と呼ばれ自覚症状の少ない肝臓がんですが、進行により腹部の圧迫感や痛み、しこりなどの症状が現れたり、肝硬変に伴い黄疸や貧血、浮腫、尿の濃染、こむら返りなどの症状も出てきます。

肝臓がんの検査・診断

血液検査、腫瘍マーカー、エコー(超音波)検査、CTやMRIなどの画像検査を組み合わせて行われ、必要な場合に針生検が選択されます。

  • 血液検査
  • 腫瘍マーカー
  • エコー(超音波)検査
  • CT・MRI検査
  • 針生検/li>

肝臓がんの治療方法

肝臓がんの主な治療法 切除手術 / 局所療法 / 肝動脈塞栓術 / エタノール注入 / ラジオ波焼灼療法(RFA) / 肝動脈塞栓術(TAE)

切除手術、局所療法、肝動脈塞栓術が中心ですが、その中でも最優先される治療は切除手術です。
また、エタノール注入やラジオ波焼灼療法などの局所療法や肝動脈塞栓など、日本で確立された高度な治療法があり、その治療成績も世界でトップの実績を持っています。

肝臓がんの生存率

肝臓がんも他がん腫と同様に、ステージ・年齢・全身状態等によって条件は変わるため、下記内容はある程度の目安であることを忘れないでください。

  • ステージ1期 : 5年生存率は、約54%
  • ステージ2期 : 5年生存率は、約43%
  • ステージ3期 : 5年生存率は、約24%
  • ステージ4期 : 5年生存率は、約9%
  • 胆管細胞がん : 手術できて5年生存率約30%、手術できなかった場合は10%
  • 転移性肝がん : 切除できて5年生存率、30%〜50%

肝臓がんの転移・再発・末期

肝細胞がんと胆管細胞がんは「肝内転移」と言われる、先に肝臓内に何個もがんを作ってしまう転移が特徴的です。

再発率は、3年以内に約50%、5年以内に約80%と言われています。最も数字が高いのは術後1~2年です。再発場所の約90%は再び同じ肝臓内で、これを残肝再発(ざんかんさいはつ)と言います。

肝臓がん末期症状は、進行具合・状態などによって個人差が大きく様々です。主な症状としては、貧血、体重減少、黄疸、腹水、胸水、浮腫、下痢、発熱、激しい腹痛などがあります。

最新ニュース