肝臓がん最大の原因

がんはその多くが原因不明ですが、その中でも「肝細胞がん」は主要な原因がほぼ特定されています。その最も重要な原因はウィルス性感染症の持続感染です。

ウィルス性肝炎の持続感染により、慢性肝炎、肝硬変と移行し、遺伝子の突然変異が積み重なることによって肝細胞がんへ移行してしまいます。

肝炎ウィルスにはA、B、C、D、Eの種類がありますが、肝炎を起因とする肝細胞がんのうち、20%が「B型肝炎」、75%が「C型肝炎」によるものです。

生活習慣の原因

暴飲暴食

■ 喫煙・暴飲暴食など : 喫煙・暴飲暴食・バランスの悪い食生活・運動不足なども発症リスクを高めてしまいます。
■ 飲酒 : 飲み過ぎなど、肝臓に負担を与えることで発症リスクを大幅にはねあげます。

病気の要因

■ C型肝炎 : 肝炎を起因とする肝細胞がんのうち、75%が「C型肝炎」によるものです。
■ B型肝炎 : 肝炎を起因とする肝細胞がんのうち、20%が「B型肝炎」によるものです。
■ 肥満・糖尿病 : 肝臓に負担がかかることは肝細胞がんのリスクをあげます。
■ 転移 : 他臓器で発症したがんによる転移で、胃がん・大腸がんは特に肝臓への転移が起こりやすいと言われています。

最新ニュース