肝臓がんの主な症状

syojyo-liver

初期はほぼ自覚症状がないため、胃がんや大腸がんに比べ進行が遅く見つけづらいがんです。

ですが、肝臓がんの原因の多くがウイルス性肝炎である認知が広がったことで、ウイルス性肝炎患者の定期検診の受診率が高くなり早期発見されるケースも増えてきています。

沈黙の臓器と呼ばれ自覚症状の少ない肝臓がんですが、進行することで症状が現れます。

主な症状 : 腹部の圧迫感・痛み、しこり、肝硬変に伴う黄疸、貧血、浮腫、尿の濃染、こむら返り など

特に黄疸(皮膚・白目の部分、尿などが黄色くなる)が現れる場合は、末期まで進んでしまっているケースが多くあります。

さらに腹部大動脈瘤(血管が破裂し、腹部に大量出血する)を引き起こす場合もあり、その場合は腹部の激痛や血圧低下が現れます。また大量出血を引き起こしているため、生命の危機に陥ってしまう状態でもあります。

転移性肝臓がんの症状

腹部の張り・痛み、しこり、黄疸、倦怠感、浮腫などが現れます。ですが、この自覚症状もすでにがんが進行してしまっている状態が多いです。

胆管細胞がんの症状

ほぼ自覚症状がありません。胆管への進行によって黄疸が現れるケースもありますが、発見が困難ながんとも言われています。また胆管細胞がんは、リンパへ転移しやすいことも知られています。

最新ニュース