肺がんの主な治療方法

肺がんの治療方法はステージ(病期)分類に基づき、全身の状態や年齢、心臓や肺の機能、合併症を含めて総合的に検討し決定します。

1〜2期の治療では、手術を中心として放射線治療や抗がん剤治療を併用して行われ、3〜4期の治療では放射線治療や抗がん剤治療が中心となります。

診療ガイド

治療内容

◼︎ 切除手術
肺がんでは根治を目指して全がんの切除する場合に加え、全がんを切除することはできないが、症状を和らげる目的で手術が行われることもあります。主に小細胞肺がんでは1期、非小細胞肺がんでは1〜3a期において適応となります。

◼︎ 放射線治療
放射線治療とはγ線やX線をがん細胞に照射することにで、がん細胞を死滅させる治療法です。単独照射の他、抗がん剤と併用した化学放射線療法、または術前・術後の補助としても使用されます。

小細胞肺がんは放射線治療の効果が高いとされていますが、非小細胞肺がんではあまり効果は高くありません。肺がんに対する積極的な治療の他、骨などへの転移に対して症状を和らげる目的でも使用されます。

主にステージ1〜4期において適応となります。

◼︎ 抗がん剤治療
再発・転移を予防するための術前・術後の補助療法の他、リンパ節転移があった場合や、他臓器への転移があり手術ができない場合にも使用されます。

小細胞肺がんは比較的に抗がん剤の効果が高いとされていますが、非小細胞肺がんではあまり効果は高くありません。

主にステージ2〜4期において適応となります。

肺がんで用いられる抗がん剤

■ 小細胞肺がん

  • IP療法 : イリノテカン+シスプラチン
  • PE療法 : シスプラチン+エトポシド
  • CAV療法 : シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン
  • その他 : ドキソルビシン、シクロフォスファミド、エトポシド、カルボプラチン

■ 非小細胞肺がん

  • IP療法 : イリノテカン+シスプラチン
  • PE療法 : シスプラチン+エトポシド
  • CE療法 : カルボプラチン+エトポシド
  • GP療法 : ゲムシタビン+シスプラチン
  • DC療法 : ドセタキセル+カルボプラチン
  • その他 : アリムタ+シスプラチン、アリムタ+カルボプラチン、カルボプラチン+パクリタキセル、ジェムザール+シスプラチン、シスプラチン+ビノレルビン、シスプラチン+ドセタキセル
  • 分子標的薬 : イレッサ

最新ニュース