すい臓がんの原因

現在、すい臓がんに関しての原因は、医学的に決定的な証明はされていません。

ですが、すい臓がんで亡くなられた方々の生活習慣・年齢・性別・体質などの条件から、ある程度の因果関係が見えてきているようです。

生活習慣の原因

食生活

■ 喫煙 : 発がん性物質を含むタバコは、すい臓がんの原因の一つと言われています。
■ 飲酒 : 飲酒、特に一気飲みなどは膵臓に負担をかけてしまいます。
■ 食生活 : 食の欧米化によって、脂肪・たんぱく質などの過剰摂取や、食物繊維の摂取不足などによって免疫低下や食べ方によっても膵臓へ負担をかけてしまいます。
■ コーヒー : すい臓がんで亡くなられた方はコーヒーの愛飲者割合が高いと言われています。コーヒーに含まれるカフェインが要因と思われるため、飲み過ぎには注意です。
■ 糖分 : 膵臓は、糖分をインシュリンでエネルギーに変換する役目を持っています。そのため、糖分を摂りすぎると膵臓に負担が大きくかかり、疲弊してしまいます。

病気の要因

■ 慢性膵炎 : 危険因子ではないと言われていましたが、膵臓が疲弊することからすい臓がんになる可能性があるようです。
■ 糖尿病 : 近年、糖尿病の方は健康な方よりも発がんリスクが高いようです。

その他の原因

■ 加齢 : 40歳を越えると、加齢による発がんリスクが上がります。ピークは60〜70代ですが、30〜40代でも危険因子が重なれば発症します。
■ 遺伝 : 仮説にはなりますが、身内にがん患者さんがいる場合、統計的に否定できないようです。

最新ニュース