咽頭がんの主な原因

原因と言われるリスク要因をあげていきます。各部位によって、原因がさまざまです。

喫煙

◼︎ 上咽頭がん

・EBウイルス

エプスタイン・バールウイルスと言われ、ヘルペスウイルスの一種になります。
一生にいつかは、ほとんどの人が感染していると言われていますが、日本人の約90%はこのウイルスに対する抗体を持っています。

・飲酒と喫煙

どちらも、粘膜を刺激するため、リスクが高まります。また、臓器にも負担がかかり、さらにリスクが上がります。

・刺激の強い飲食物

粘膜を刺激するため、リスクが高まります。特に乳児〜幼少時代の摂取は、リスクをさらに高めてしまいます。

・職業

ホルムアルデヒドの長期的な取扱い作業との関係性は、決定的なリスク要因になります。

◼︎ 中咽頭がん

・飲酒と喫煙

喫煙や飲酒の飲み過ぎを長期間続けることで、中咽頭がんが発症する危険性が高まってしまいます。

・性別と年齢

年齢や男女比でみると、50〜60歳代に発症しているケースが多く、圧倒的に男性に多いがんになります。

・ウイルス

ヒトパピローマウイルス(HPV)との関係が挙げられはじめており、欧米では多数、日本でも約20%程前後の患者さんは、このウイルスがきっかけで発症している可能性があるという報告があるようです。

◼︎ 下咽頭がん

・飲酒と喫煙

愛煙家で大酒飲みの方ほど下咽頭がんになりやすく、下咽頭がんの「高危険群」と言われています。

・性別と年齢

男性は女性の4~5倍の頻度で発症し、下咽頭がん全体の約60%以上の患者さんは50〜60歳代が占めています。

・病気

下咽頭の輪状後部という部分に発症するがんは、喫煙や飲酒に関わらず貧血、特に鉄欠乏性貧血になっている女性に多く見られます。

最新ニュース