咽頭がんの主な検査

検査や診断の内容は、発生部位によって方法が異なります。

上咽頭がんの検査

検査

◼︎ 上咽頭内視鏡検査と病理検査

鼻から内視鏡を挿入し、上咽頭部のがんの広がりなどと同時に病巣を調べます。
また、内視鏡内部から器具を出したり、内視鏡とは別に細い器具を鼻に挿入して病巣を採取します。採取した病巣は顕微鏡で検査し、がん細胞があるか調べます。

◼︎ 臨床検査

上咽頭がんではエプスタイン・バールウイルス(EBウイルス)の関わりが深いため、血液や尿検査を行います。

◼︎ 画像診断

病巣の広がりや転移の有無を調べるために行います。主な画像診断は、「X線撮影」「MRI検査」「CT検査」「超音波検査」などです。
臓器や組織などを鮮明に映すため、静脈に造影剤を注射して検査を行う場合もあります。PETスキャンを行い、全身の悪性腫瘍細胞を検査する場合もあります。

中・下咽頭がんの検査

◼︎ 視診

中咽頭がんの場合は肉眼で確認し、肉眼で確認できない場合は鼻からファイバースコープと呼ばれる細い内視鏡を挿入して調べます。
下咽頭がんは肉眼での確認が困難なため、間接喉頭鏡と呼ばれる鏡や内視鏡を用いて病巣を確認します。

◼︎ 触診

リンパ節転移の有無を調べ、転移があった場合はそ頸部を触診します。中咽頭がんは病巣の大きさ・固さ・広がりなどを確認するために指で病巣やその周辺に直接触れて調べます。

◼︎ 病理検査

視診・触診でがんが疑われる場合、確定診断や悪性度を知るために病巣の一部を採取して顕微鏡で調べます。

◼︎ 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

下咽頭がんの場合は特に、食道がんとの合併が多いため胃カメラを用いて重複がんの有無を調べます。

検査

◼︎ 画像診断

病巣の広がり・転移の有無を調べるために用います。主な画像診断は、「X線撮影」「MRI検査」「CT検査」「超音波検査」などです。
臓器や組織などを鮮明に映すために、静脈に造影剤を注射して検査を行う場合もあります。

最新ニュース