上咽頭がんの治療

脳神経などと隣接しているため、他がん種の治療のように切除するといった外科的治療を行いません。一般的には転移の有無や病期に関わらず、首のリンパ節を含む広範囲に放射線を照射します。

◼︎ 連続併用法 : 抗がん剤で病巣を小さくした後、放射線を照射
◼︎ 同時併用法 : 放射線と同時期に並行して治療を行う
◼︎ 連続併用法 : 放射線と抗がん剤を交互に使用

中咽頭がんの治療

◼︎ 放射線療法

放射線を利用してがんの増殖を抑えます。早期がんの場合、放射線治療が中心となります。

◼︎ 外科療法

がんとリンパ節切除が中心となります。がんの広がりに応じて周辺組織も広く切除するため、正しく発音する機能や嚥下機能が損なわれます。

対策として、切除部位を体の他部位から持ってきて再建手術を行い、可能な限り機能を保つようにします。

外科療法

◼︎ 軟口蓋の再建 : 軟口蓋の切除後には、声が不明瞭になったり、食物が逆流したりしないように他部位を用いて、鼻と口の境目となる組織を再建します。
◼︎ 舌根部の再建 : 舌根部を広範囲で切除後は、ひどい誤嚥を起こすため、場合によって喉頭を同時に切除する必要があります。しかし、最近では舌根部に対する再建手術の工夫により、喉頭を温存できる場合が多くないます。

◼︎ 化学療法

抗がん剤治療は放射線治療と同時に、または放射線治療の前後に行われ、手術の場合は補助的に手術前後で行われます。また、再発・転移が生じた場合や手術ができない場合に、放射線治療と一緒に抗がん剤治療を行うこともあります。

下咽頭がんの治療

外科手術が中心となります。早期発見した場合は放射線治療で治癒が可能ですが、早期発見が難しいがんのため、ほぼ外科手術となります。

◼︎ 外科療法

下咽頭、喉頭、頸部食道切除術 / 下咽頭、喉頭、食道全抜去術 / 下咽頭部分切除術 / 頸部郭清術

◼︎ 放射線療法

頸部リンパ節に転移が見られない1〜2期や、3〜4期の手術ができない場合に行います。

◼︎ 化学療法

単独で抗がん剤治療をすることはほぼありません。放射線療法や術前の補助的治療として併用されることがほとんどです。

外科療法『下咽頭、喉頭、頸部食道切除術』

発見時には深く浸潤していることが多く、ほぼ下咽頭、喉頭、頸部食道を切除することになります。手術と同時に皮膚などを使って食道を再建するため、手術前と同じように食事が可能です。

しかし、喉頭を切除するため声が出せなくなり、首の付根に「永久気管孔」と呼ばれる穴を空け、その穴から呼吸することになります。

発声に関しては人工喉頭などの器具を使ったり、トレーニングにより食道発声をすることも可能になるため、声による意思伝達ができなくなるわけではありません。

外科療法『下咽頭、喉頭、食道全抜去術』

食道に別のがんを画餅することが多く、そういった場合には下咽頭・喉頭だけではなく食道も全切除します。切除後は胃を持ち上げて咽頭粘膜と縫合します。発声や気管孔に関しても上記切除術と同じ方法になります。

外科療法『下咽頭部分切除術』

がんが喉頭に浸潤していない場合や軽度に浸潤している場合に行われる手術です。喉頭の一部または全てを保存しながら下咽頭を切除します。

外科療法『頸部郭清術』

頸部リンパ節に転移が認められる場合や可能性が高い場合には、リンパ節と周囲組織を一緒に切除します。これは上記外科手術と同時に行ったり、下咽頭がんの放射線治療後に頸部リンパ節転移に対して単独で行うこともあります。

最新ニュース