前立腺がんとは・・・

prostate01

前立腺は器官の一つで、男性のみに存在する生殖器です。この前立腺にがんが発生する病気を前立腺がんと言います。正常な場合であれば栗の実ほどの大きさで、精液の一部を作り排尿のコントロールを担っています。

高齢の男性に多く、男性がんの約10%を占めていると言われ、近年日本でも急増しています。ですが、PSA検査での早期発見が非常に有効です。

前立腺がんの原因

現状、正常細胞がなぜがん化するのか、まだ十分に解明されてませんが、いくつか原因になり得るものをあげます。

年齢 / 遺伝 / 食生活の乱れ

前立腺がんの症状

前立腺がんの症状 主に、排尿障害など

他がん種に比べて比較的おとなしく、進行も遅いとされています。
初期症状としては他がん種と同様に、前立腺がん特有の症状はなく、排尿障害などをきっかけに発見されることが少なくありません。

前立腺がんの検査・診断

まず、PSA検査を行いPSA値に異常があった場合、直腸診や経直腸的超音波診断に移ります。

PSA検査(前立腺特異抗原) / 経直腸的超音波診断 / 前立腺生検 / 画像検査(CT検査・MRI検査・骨シンチグラフィなど)

前立腺がんの治療方法

早期発見できれば、様々な治療法があります。手術療法、放射線治療、内分泌療法(ホルモン療法)、化学療法、当面経過観察する待機療法などがあります。

治療法の選択としては、がんの大きさ、悪性度、PSA値によって分けられます。それに加え、年齢、全身状態、合併症なども挙げられます。

前立腺がんの主な治療法 待機治療 / 手術療法 / 放射線治療 / 内分泌療法(ホルモン療法)

前立腺がんの生存率

  • 前立腺がんステージA1〜B2期 : 5年生存率は、約100%
  • 前立腺がんステージC期 : 5年生存率は、約60%
  • 前立腺がんステージD期 : 5年生存率は、約30%

前立腺がんの転移・再発・末期

前立腺癌は、がん細胞が血液で運ばれて臓器や骨に転移しやすい特徴を持っています。

【 5年以内に再発しない確率(5年非再発率) 】
◼︎ ステージA1〜B2期:約90%。ほとんど再発する可能性はありません。
◼︎ ステージC期:約60%です。
◼︎ ステージD期:約5%。再発のリスクが非常に高くなります。

末期まで進行すると、治療による改善は困難になり5年生存率も下がります。また治療目的が、余命を延長するための抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療、痛みや精神的なケアを行う緩和ケアが中心となります。

最新ニュース