前立腺がんの主な症状

shojo_093

前立腺がんは他がん種と比べて比較的おとなしく、進行も遅いとされています。
初期症状としては他のがんと同様に、早期の前立腺がんに特有の症状はなく排尿障害などの症状をきっかけに発見されることが少なくありません。

早期の前立腺がんの症状

頻尿 / 残尿感 / 細い尿の流れ / 痛みを伴う排尿 / 血尿 / 精液に血が混じる血精液症  など

特に高齢者では症状の発生率が非常に高いです。

進行した前立腺がんの症状

進行すると骨転移しやすいがんのため、前立腺自体の症状はなく、たまたま腰痛などで骨の検査を受け、前立腺がんが発見されることもあります。また、後期では、体が弱ることで食欲不振や体重減少、疲労、貧血の症状が現れることもあるようです。

  • 前立腺がんの癌細胞が腰仙椎や骨盤に転移したら、腰痛や低背中の痛みを起こす
  • 脊椎の神経を圧迫すると、手足のしびれや麻痺が起きる
  • 体を動かす際や夜間に腰や足の付け根に痛みを感じる
  • 骨折をしやすくなる

最新ニュース