胃がんの原因

塩分取りすぎ

原因について、いくつかのリスク要因が指摘されていますが、決定的な原因となるものはありません。ですが、原因であろうと言われているものが、いくつかあげられています。

生活習慣の原因

■ 喫煙 : タバコに含まれる有害物質が胃粘膜を刺激し、胃に負担をかけます。また、飲酒との組み合わせはさらに発がんリスクを高めてしまいます。
■ ストレス : 過剰なストレスは、心身ともに負担を与えてしまいます。

菌の要因

■ ヘリコバクターピロリ菌 : 日本人の40歳以上の約7割がピロリ菌感染者と言われています。このピロリ菌は、毒素を放ち胃に負担をかけるため、発症要因の一つと言われています。ただし、すべてのピロリ菌感染者が胃がんになるわけではありません。

食生活の要因

■ 塩分の過剰摂取 : 胃粘膜を荒らしてしまい、有害物質の影響が受けやすくなってしまいます。
■ 食品添加物 : 食品添加物の中には、発がん物質が含まれている物もあるため、弱った胃に対して、大きな負担を与えます。
■ ビタミン不足 : 野菜・果物などに含まれるビタミンの摂取不足になると、免疫力も低下してしまうため、発症リスクが上がってしまいます。

病気の要因

■ 慢性胃炎 : 慢性胃炎・ポリープなどの罹患歴がある方は、長期の期間を経てそれが胃がんになってしまう可能性も考えられます。

その他の要因

■ 加齢 : 加齢による影響もありますが、生活習慣などの影響の方が大きいと言われています。
■ 遺伝 : 仮説にはなりますが、身内にがん患者さんがいる場合、統計的に否定できないようです。ただ、食生活・生活習慣の影響の方が大きいと言われています。

最新ニュース