胃がんの一般的な検査・診断

kensa-3set

主な検査は、X線造影検査と内視鏡検査の2種類になります。内視鏡検査では目視で胃内部を確認するため、病変の一部を採取して生検を行い、確定診断をしていきます。

X線造影検査 / 内視鏡検査 / ペプシノゲン検査 / ヘリコバクターピロリ抗体検査

胃がんの確定診断後の検査

胃がんだと確定された場合、超音波検査やCT検査などで、転移の有無やがんの浸潤度を調べて治療方法が決定されます。

gaid2

CT検査 / 腹部MRI / 注腸検査 / 超音波内視鏡検査(EUS) / 腹部超音波検査(エコー、US) / 腫瘍マーカー

最新ニュース