胃がんの一般的な症状

shojo_041

胃潰瘍に似た症状もあり、空腹時に胃が痛み、食事を摂るとおさまります。
ですが、早期胃がんはほぼ症状がないため、見つかりにくく、がんを発症していても気付かないことが多いです。

一般的な症状 : 食欲低下、体重減少、胃の不快感、消化不良、ゲップが頻繁に出る など

進行段階での主な症状

初期症状

胃痛、胸焼けなどの不快感

初期症状はよく、胃潰瘍と思われる患者さんが多いため、自己判断で対処せずに医療期間へ検査を受けるようにしましょう。

進行後の症状

● 吐き気、食欲不振、黒または柔らかい便、ゲップの量が増える
● 食べ物が喉を通らない・喉につかえる、体重減少
● みぞおちの痛み

さらに進行した状態の症状

吐血、下血、食欲不振、体重減少 など

ここまでの症状が現れていると、だいぶ進行が進んでしまっていると思われます。そのため、目に見えて分かるほどの症状になります。

最新ニュース