一般的な治療

がん治療の種類として、基本的に「外科治療(手術)」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3つがあり、これを「三大がん治療」と呼ばれています。

症状などによって、これらの治療を組み合わせることも多く、これを「集学的治療」と呼び、主な治療法となっています。

手術 放射線 抗がん剤

先進医療

先進医療とは、厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」を指し、健康保険の対象となりません。

つまり、通常の保険診療との共通する部分(診察、検査、投薬、入院など)の費用は一般の保険診療で行い、先進医療の技術料は全額自己負担となり高額です。
ただし、この先進医療の治療は厚生労働大臣が定める医療施設で行われる場合に限ります。

代替医療

「通常医療の代わりの医療」を指す言葉で、代替医学とも呼ばれます。範囲は非常に多種多様で幅広いです。

今現在、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しないと言われていますが、日本では一部の漢方薬などは、通常医療に取り入れられています。

その他

通常医療や先進医療などに取り上げられた治療法の他にも、多くの種類があります。

漢方薬 / 温熱療法(ハイパーサーミア) / 理学療法 / 免疫療法  など

最新ニュース