一般的な治療

がん治療の種類として、基本的に「外科治療(手術)」「化学(薬物)療法」「放射線療法」の3つがあり、これを「三大がん治療」と呼ばれています。

症状などによって、これらの治療を組み合わせることも多く、これを「集学的治療」と呼び、主な治療法となっています。

◼︎ 外科治療(手術)

手術

 

これまでは、胸や腹部を大きく切り開く「開胸・開腹手術」が中心だったため、術後の治癒に時間が掛かり患者さんへの負担が大きいものでした。

しかし技術の進歩により、がんの状態によっては体に小さい穴を開けるだけで病巣を切除する内視鏡手術が可能になり、患者さんへの負担が抑えられるようになりました。

◼︎ 放射線治療

がん細胞に高い効果を発揮してくれます。この治療は手術と違い、がんを切除するわけではないため、がんができた臓器を温存することができ、患者さんのQOLを維持することが可能です。

以前は、手術ができないほどの進行がんに対しての治療でしたが、最近では、初期がんでも放射線と抗がん剤、あるいは放射線のみで治療を行う場合もあります。

◼︎ 化学(薬物)療法

kigu_28

全身転移したがんにも効果が期待できます。現在、世界中で使用されているがん治療薬は数百種もあり、投与期間、効果が認められたがん種、体質など、状態に応じて最適なものが選ばれます。

化学(薬物)療法は、局所治療である外科治療と放射線療法と異なり、血液と一緒に抗がん剤や免疫賦活剤が全身に廻るため、血液やリンパ液を介して転移がんや、転移した可能性のあるケースにも効果が期待されます。

最新ニュース