胸腺がんの主な原因

胸腺腫や胸腺がんが発症する明確な原因は、今のところ明らかになっていません。免疫異常が原因という説がありますが、医学的な証明はされていません。

胸腺がん

がん全般に言えることになりますが、がんは細胞に発生します。体は多くの種類の細胞から構成されていて、普通は体を健康に保ち適切に機能するのに必要な分だけ細胞が育ち、分裂して生産されます。そして古くなると壊れていきます。

しかし、この過程は時々狂う事があり、新しい細胞は必要ないのに細胞が分裂を続け、余分な細胞がかたまりを形成します。このかたまりが「がん」です。

悪性と良性

がんの中には、命に影響がない良性のものと、命に多大なる影響を及ぼす悪性のものがあり、一般的には悪性のものを特に「がん」と呼んでいる事が多いです。

医学的に明確な原因が証明されている訳ではないですが、胸腺腫も胸腺がんも「がん」の一種であれば、一般に言われている生活習慣が原因となっている可能性は高いと言えるでしょう。特に、過度の喫煙・飲酒は身体に与える影響が、非常に大きいとされています。

最新ニュース