乳がんの末期症状と転移箇所の治療法

2017年9月23日(土)

乳がんになる女性は年々増加している。
特に30代後半〜40代の女性は乳がんになる危険性が急増する。
今や日本人女性の12人に1人は乳がんにかかるというデータが出ているのだ。

そんな乳がんは、進行するとどのような末期症状が出て、
どのような場所に転移するのだろうか。

この記事では、乳がんの末期症状や末期(ステージ4)の治療法、転移先での末期症状などを記載していく。

▶乳がんの末期症状に立ち向かう特許成分「フランDグルコース」

 

乳がんの末期症状

乳がんが進み末期になると、胸自体に何か異変が起こるよりも、
転移先で症状が起こることのほうが多い。

乳がんが転移しやすい部位としては、骨、肺、肝臓、脳などである。
転移先ではどのような末期症状が起きるのだろうか。

 

転移先での末期症状と治療法

 

乳がんは、骨に転移する可能性が非常に高い。
骨転移の場合は、転移した部分に痛みが出てくる。

最初は軽く痛む程度だったはずなのに、しだいに耐えられない痛みになっていき、
鎮痛剤を常備していなければ普通に生活できないくらいになってしまうのだ。
他にも、骨からカルシウムが血中に溶け出す「高カルシウム血症」になる場合もある。

また、がんが転移した部分の骨は折れやすくなるため、
ちょっとしたことで折れてしまう「病的骨折」も起こりやすくなる。

 

乳がんが骨に転移した場合の治療法

基本的には全身薬物療法になるが、骨折しそうな場所や痛みがある場合は
放射線療法や鎮痛剤の投与、手術などが行われることもある。

高カルシウム血症になった場合は、
点滴治療によって血中のカルシウム濃度を下げる方法がとられる。

 

乳がんが末期となり肺に転移した場合は、長く続く空咳や、血痰、胸痛、
呼吸困難など
の末期症状が出てくる。

また、胸膜に転移すると胸水が溜まってしまう。

 

乳がんが肺に転移した場合の治療法

乳がんは肺に転移した場合、抗がん剤やホルモン治療薬などの
薬物療法が行われることが一般的だが、ケースバイケースで手術が行われる場合もある。

また、必要に応じて胸水を抜くための措置や、症状を和らげるための薬の投与が行われる。

 

肝臓

何か異変が起こっても自覚症状が出にくいことから、「沈黙の臓器」と呼ばれている肝臓。
そのため、乳がんが転移しても、初期の頃であれば何の症状も出ないことがほとんどだ

しかし、がんが進行すると食欲減退、倦怠感、みぞおちの圧迫感などの末期症状が出てくる。

また、腫瘍によって胆汁の通り道である胆管がふさがれてしまうと、
「黄疸」という白目や皮膚が黄色っぽくなってしまう末期症状が現れる。

 

乳がんが肝臓に転移した場合の治療法

乳がんが肝臓に転移した場合は、薬物療法と肝切除が選択される。

肝臓に転移していると他の部位にも転移している場合が多いため、
抗がん剤やホルモン治療薬などの全身薬物療法が行われるのだ。
ただし、「他の臓器に転移していない」「術後から1年以上経っても再発していない」などの
いくつかの条件を満たした場合のみ、肝切除が効果的だと言われている

 

脳に乳がんが転移した場合は、頭痛やめまい、吐き気などの他に、
言語障害、視覚障害、味覚障害、運動障害、人格障害など、様々な重篤な末期症状が出る。

 

乳がんが脳に転移した場合の治療法

脳転移による様々な症状を緩和させるために、
転移巣を小さくすることを目的とした措置がなされる。
よくガンマナイフなどの放射線療法が行われるが、
転移巣が1つの場合は手術によって取り除くことができるのだ。

▶乳がんの末期症状に打ち勝つ衝撃の成分「フランDグルコース」

 

乳がん末期(ステージ4)の5年生存率と10年生存率

末期の乳がんとはいえ、患者によってその症状や重篤具合は様々である。
「末期の乳がんなら何年生きられます」とは一概には言えないが、
ステージ4の5年生存率と10年生存率が統計で出ているので参考にしてもらいたい。

ちなみに以下の統計は女性の乳がんを対象とした結果である。

5年実測生存率 5年相対生存率 10年相対生存率
31.6% 32.6% 15.6%

乳がんは比較的進行が遅いとされているため、定期的な検診で早期に発見したいところだ。

乳がんの末期症状を緩和する可能性大の特許成分「フランDグルコース」

PickUP!メディカルニュース
副作用なく、乳がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

副作用なく、乳がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

乳がん克服において最も重要なのは転移・再発の克服だ。再発がんや、全身または複数箇所への転移は、治療計画の大きな妨げとなってしまうだろう。 近年の乳がん治療では、様々な症状に対応できるように、併用治療を視野に入れた選択が非常に重要だ。そのうえで、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、先進医療の研究にも目を向けるべきだろう。 2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ