乳がんにおける放射線治療の目的と方法

2017年10月18日(水)

フランDグルコース利用者からの症例報告

女性/乳がん ステージ4/2016年4月に発症
再発のがんで胸膜とリンパ腫に転移あり。抗がん剤などの化学療法、漢方薬や温熱療法始めた所。少し胸水溜まっており、副作用は薬でコントロール。症状としては、胃の不快、口が苦い。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

同じ状態に抑えてくれていると思いながら飲みました。飲むのが楽しみになる位、とても美味しく頂けました。 全身治療をしないでも、飲んでいる間は心強かったです。

症例の結果を詳しく見る

乳がんにおける放射線治療の目的と方法

手術で充分に腫瘍を切除したつもりでも、わずかな病変が残存して局所的に再発する可能性がある。そうした目に見えないような病変に対して再発のリスクが高い部位に絞って放射線治療を行うことで、局所的再発が大幅に減ることがわかっている。

副作用もあり、治療期間も1ヶ月以上に及ぶが、手術後に担当の医師からすすめられた場合は、放射線治療を受けておいたほうがいいだろう。

ただし、再発のリスクが低いと判断された場合は、これに当てはまらない。

驚きの臨床結果。注目の特許成分「フランDグルコース」とは

乳がんにおける放射線治療の方法

放射線治療は通常、手術後なるべく早期に行われる。一般的には手術後2ヶ月程度で開始する場合が多い。

まず、放射線治療専門医による診察が行われ、手術の検査結果や病理結果、体調などをみて、どの部位にどのくらいの放射線をかけるかを決めていく。

乳房温存術後の場合その1

手術を行った乳房全体に1回2Gyほどを、およそ5週間かけて照射する(総線量45〜50Gy程度)。
一度にこの量の放射線を照射してしまうと正常組織へ影響が出る場合があるため、その影響を最小限におさえ、がん細胞だけを死滅させるために何回にも分割して照射していくのだ。

また、脇の下のリンパ節に転移が4個以上あった場合は、鎖骨上窩への照射も行うことがある。

乳房温存術後の場合その2

しこりが5cm以上と大きかった場合や、脇の下のリンパ節に転移が確認された場合は、胸壁や周囲のリンパ節に再発する可能性が高いため、放射線治療を行うのが一般的だ。

胸壁全体と首の付け根の少し上の部分に、1回2Gyほど、総線量45〜50Gy程度を約5週間かけて照射していく。

乳がんにおける放射線治療の頻度

1回の照射時間は数分、着替えなどの時間を考慮しても10分程度で、1日1回、週5日程度連日で行う。通院以外で普段の生活に差し支えることはない。

PickUP!メディカルニュース
副作用なく、乳がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

副作用なく、乳がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

乳がん克服において最も重要なのは転移・再発の克服だ。再発がんや、全身または複数箇所への転移は、治療計画の大きな妨げとなってしまうだろう。

近年の乳がん治療では、様々な症状に対応できるように、併用治療を視野に入れた選択が非常に重要だ。そのうえで、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、先進医療の研究にも目を向けるべきだろう。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

アクセスランキング

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ