末期がん患者の家族にできることとは

2017年10月18日(水)

もしも家族が末期がん患者であると診断された時、あなたはどのような対応をとるだろうか。
多くの人は動揺し、絶望感に苛まれると思う。

しかし、「病は気から」という言葉があるように、暗い気持ちでいると当の末期がん患者までもを更に暗い気持ちにさせてしまい、病状を悪化させかねない。

▶末期がん患者が摂取するとがんの進行が止まる?「フランDグルコース」とは

末期がん患者の家族にも、サポートできることはたくさんある。
この記事では、家族が末期がん患者と診断された時の支援方法を紹介していく。

末期がん患者の家族ができること

それは何も特別なことをしなければならない、というわけではない。
これまでの日常生活にほんの少しの気配りを加えるだけでいいのだ。

1.がん患者の気持ちに寄り添い、よく話を聞く

もしも家族が末期がん患者であると診断されても、あからさまに落ち込み過ぎてはいけない。
かといって、不自然に元気な風を装うことはしなくていい。

いつもと変わらない様子で、がん患者の辛い気持ちや不安な気持ちを聞いてあげよう。
がん患者が不安な気持ちを一人で抱え込まないように、日々「調子はどう?」と上手に声をかけてあげよう。

がん患者はきっとネガティブな感情をぶつけてくるだろうが、受け止めてあげることが肝心だ。

2.末期がん患者への愛や思いやりを伝える

愛情や思いやりを伝えてあげることも大切だ。

末期がん患者は、誰よりも「孤独感」が強くなる。
そんな患者に、「あなたは一人じゃないんだよ」と寄り添い、愛情をしっかり言葉と行動で伝えてあげることで、がん患者は「家族のためにも生きなければ」という生命力が湧いてくる。

一人で闘っている、という孤独感を取り去ってあげるだけでも、がん患者としてはとても心強いだろう。

▶末期がん患者が摂取すべき特許成分「フランDグルコース」

3.病院に相談して、ペットを連れてくる

ペットを飼っていて、病院に相談してもしも許可をもらえたら、病室にペットを連れてくるのもありだ。

がん患者が元気だった頃にそのペットを可愛がっていたのであれば、久しぶりに会えたペットから得られる癒やし効果は計り知れない。

精神的にもリラックスしストレスから解放され、ペットと過ごすひとときが辛い闘病生活を忘れさせてくれるだろう。

緩和ケアの中に「ペットセラピー」という言葉もあるくらいである。
ペットを飼っているのであれば、すすんで病院に相談してみよう。

4.頑張りすぎない

家族が末期がん患者と診断されたら、絶望感の次に「自分ができることは全部やってあげなくては」という気持ちに駆られるかと思う。

もちろん、がんのことを研究したり、がん患者の気持ちに寄り添うことは必要だが、毎日欠かさず朝から晩までお見舞いに行くなどしていたら、きっと長続きしないし、身体を壊してしまう。

がん患者も一人では不安であろうから、毎日お見舞いに行くとしても、時間を「○時間」と決めて病院に滞在しよう。

5.お金の不安をなくそう

家族ががんになった時、ただでさえ不安だというのに、そこにお金の問題まで降り掛かったら人間たまったものではない。

家族みんなが元気なうちから万が一の時のために備えて、がん保険に加入しておくと、いざ家族の誰かががんになった時にお金の心配をしなくて済む。

▶副作用の苦痛無くがんの進行を阻害する「フランDグルコース」の実力とは

末期がん患者の家族が控えたほうがいいこと

1.はげまし過ぎは逆効果になることも

末期がん患者は、精神的にも身体的にも辛い日々を送っている。
そんな患者に対して「頑張れ」「がんに負けないで」などという言葉をかけるのは、むしろ逆効果になってしまうこともある。

日々辛い闘病生活を送っている末期がん患者としては、「これ以上何を頑張ればいいんだ」と感じてしまい、ますます追い詰められてしまいかねない。

2.ネガティブな気持ちをがん患者本人にぶつけない

家族が末期がん患者だと診断されると、辛いのは本人だけではない。
もちろん自分も辛い気持ちになると思う。

しかし、その不安な気持ちや辛い気持ちをがん患者本人にぶつけてはいけない。

末期がん患者本人は自分のことでいっぱいいっぱいだ。

家族は、ネガティブな気持ちをぶつけるのではなく、むしろそんながん患者をポジティブに支えてあげなければならない。

ただし、不安な気持ちを自分の中だけで抱えていては、自分がうつ状態になってしまいかねない。

末期がん患者本人以外の家族でその不安な気持ちを共有するか、もしくは主治医に相談、
あるいは心療内科に掛かるというのもひとつの手だろう。

末期がんの進行を阻害する特許成分「フランDグルコース」とは

PickUP!メディカルニュース
注目の抗がん食品、フランDグルコースの詳細

注目の抗がん食品、フランDグルコースの詳細

がん種によっても異なるが標準治療では、主に手術を第一選択肢とし、放射線治療や抗がん剤治療を組み合わせておこなわれる。過去の確率から最も有効な治療の組み合わせが選択されるが、その成績は必ずしも良いものではない。 それは抗がん剤や放射線でがん細胞を叩くよりも、がんの増殖・成長、転移のスピードのほうが勝っていることをあらわしている。当然のことながら、がんを根治するためにはその増殖・成長、転移のスピードより優位に立つ必要がある。 そこでがん治療においては、従来の三大標準治療に加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。 その先駆けとして、私たちが2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、各方面から大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分、フランDグルコースもその一つだ。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ