がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表膀胱がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

見落としがちな膀胱がん症状とは?症状 , 膀胱がん

膀胱がんの確立されたリスク要因は喫煙であり、男性の50%以上、女性の約30%の膀胱がんは、喫煙のために発生するとの試算がある。 主な症状として、血尿、排尿痛、腹痛、むくみがよくあげられる。...

> 続きを読む

膀胱がんの末期症状について末期 , 膀胱がん

膀胱がんのリスク要因としてリスク高いといわれているのが喫煙である。 男性の50%以上、女性の約30%の膀胱がんは、喫煙のために発生するとの試算がある。また、ナフチルアミン、ベンジジンなどの危険物質にさらされる職業も確立したリスク要因とされている。...

> 続きを読む

膀胱がんの転移・再発について膀胱がん , 転移・再発

膀胱がんは膀胱が存在する限り、膀胱内に再発する可能性は常にある。 TURBTを行ったあとは定期的に通院し、膀胱鏡や尿の細胞診で再発の有無をチェックする必要があり、初期治療後、通常3カ月後に膀胱鏡検査、尿細胞診検査を行い、その後はリスク別に通院の間隔が変わってくる。...

> 続きを読む

去年までと違う膀胱がん生存率ステージ・生存率 , 膀胱がん

膀胱がんは膀胱が存在する限り、膀胱内に再発する可能性は常にある。 初期治療後、通常3カ月後に膀胱鏡検査、尿細胞診検査を行い、その後はリスク別に通院の間隔が変わってくる。 ...

> 続きを読む

知りたい膀胱がんの治療法とは治療・手術 , 膀胱がん

膀胱がんは比較的早期段階で診断されるケースが多いが、1箇所だけでなく膀胱内に2箇所以上同時に発生することがある。 また、膀胱の内側を覆っている尿路上皮の粘膜は、膀胱だけでなく腎盂内や尿管にも繋がっているため、隣接した臓器にも転移しやすいという特徴がある。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ