がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表乳がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

乳がんにおける放射線治療の目的と方法治療・手術

手術で充分に腫瘍を切除したつもりでも、わずかな病変が残存して局所的に再発する可能性がある。そうした目に見えないような病変に対して再発のリスクが高い部位に絞って放射線治療を行うことで、局所的再発が大幅に減ることがわかっている。 副作用もあり、治療期間も1ヶ月以上に及ぶが、手術後に担当の医師からすすめられた場合は、放射線治療を受けておいたほうがいいだろう。 ただし、再発のリスクが低いと判断...

> 続きを読む

乳がんの名医とは乳がん

インターネットの発達により、乳がんと診断されたら「がん」について調べれば様々な情報が出てくる時代だ。多くの情報を得ようとする事は良い点もある。 しかしながら、がんに対する知識がなければそれらが正しい情報なのかを判断出来ずに間違って情報を身につけてしまう場合もあるので注意し見極めることが大切だ。...

> 続きを読む

乳がんに良い食事とサプリメント乳がん

乳がんの場合、治療方法は手術、放射線、薬物療法に分かれる。 非浸潤がんであれば手術し根治も可能になるが、浸潤がんはリンパ節やその他の臓器なども転移する場合がある。 治療をしながらも、改めて生活習慣などを見直すことや癌に良いとされる代替医療などに目を向けるという事も一つの方法だ。...

> 続きを読む

乳がん末期ステージⅣ期の治療と余命乳がん , 末期

乳がん末期ステージⅣ期とは遠隔臓器に転移している状態をさす。 治療では、状況によって手術が可能な状態であれば手術や並行して放射線治療がおこなわれることもあるが、薬物療法による全身治療をおこなうことが一般的だ。...

> 続きを読む

乳がんの転移・再発について乳がん , 転移・再発

乳がんは微小ながん細胞による転移・再発リスクが高い。リンパや血管にのって微小ながん細胞が全身に散らばっていることが少なくないという。 そのため、一般的ながんの転移・再発リスクは5年先を一つの目安とすることが多いが、乳がんの場合はこの微小ながん細胞による転移・再発リスクを考慮して、10年先まで転移・再発に注意を払うことが多い。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ