がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表食道がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

食道がんに最適な食品やサプリメント食道がん

食道がんは比較的、肺がんや胃がんなどに比べて発症率が低いがん腫ではなるが、近年増加傾向にあるのが現状だ。 また、消化器系の中でも食道がんは初期の自覚症状が少ない為、発見が遅れることがある。 早期発見、早期治療を心掛けるためにも、日常生活の中での、小さな異変に敏感であることや、食生活の見直し、サプリメントなどの補完代替医療にも注目していくべきである。...

> 続きを読む

食道がんの名医とは食道がん

今や、日本人の2人に1人が発症するといわれているがんだが、その現状に伴い、数々のメディア、インターネットなどでも名医と呼ばれる医師が紹介されている。 命を託す以上、誰しもが名医と言われる医師を求めるであろう。 はたして、どのような医師を名医と呼ぶのだろうか。...

> 続きを読む

食道がん病期の進行度に応じての治療法治療・手術 , 食道がん

日本において食道がんは、約半数が胸の中の食道中央付近から発生し、次いで1/4が食道の下部に発生している。 がんは食道の粘膜から発生し、外へと広がり気管・気管支や肺、大動脈、心臓など重要な臓器へと広がる。さらにはリンパ液や血液の流れに入み、腹部や首のリンパ節転移することもある。...

> 続きを読む

食道がん末期ステージ4の治療末期 , 食道がん

食道がんは末期まで進行すると、がん細胞は食道だけに留まらず、他の臓器に遠隔転移するようになる。 骨に転移していれば病的骨折、脳に転移していれば頭痛・吐き気・ろれつが回らなくなるなど、転移した先の臓器に伴った症状が出てくるようになる。...

> 続きを読む

食道がんの転移・再発について転移・再発 , 食道がん

食道がんに関わらず手術により、全切除できたようにみえても、その時点で既にがん細胞が別の臓器に移動している可能性がある。 また、時間が経過から転移として見つかることもあるのが転移・再発だ。 食道がんの再発のほとんどは、リンパ節と肺、肝臓などの臓器や、骨への転移である。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ