がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表白血病

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

急性骨髄性白血病の治療と生存率ステージ・生存率 , 白血病

染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明らかな原因は不明である。 放射線や化学物質などが要因になるといわれているが、解明されていない。発症頻度は10万人に2~3人であり、発症率は年齢が高くなるにつれて増加する。...

> 続きを読む

知っておきたい急性骨髄性白血病の再発・転移白血病 , 転移・再発

急性骨髄性白血病にはさまざまな病型分類があり、大別すると急性骨髄性白血病と、前骨髄球ががん化する急性前骨髄球性白血病とに分かれる。 それぞれ治療法が異なり、全身の状態、年齢、合併する他の病気の有無などに加え、患者の希望を考慮しながら、治療法が決定される。...

> 続きを読む

急性骨髄性白血病の治療を知る治療・手術 , 白血病

急性骨髄性白血病の進行を抑えるには、早期の診断と治療が不可欠である。 進行に伴い、異常な細胞が増殖し、骨髄および血流から正常な細胞を締め出してしまい、正常な白血球の数が足りなくなり、感染症を引き起こす可能性がある。...

> 続きを読む

急性骨髄性白血病の末期症状と治療について末期 , 白血病

急性骨髄性白血病は、病状の進行が速く、症状が突然の場合が多く早期の診断と速やかな治療の開始が重要である。 また、症状が起こる原因は大きく2つに分類され、造血機能が低下し、正常な血液細胞がつくれないために起こる症状と、白血病細胞が臓器に浸潤することで起こる症状がある。...

> 続きを読む

急性骨髄性白血病の原因と検査原因 , 白血病

急性骨髄性白血病は、白血病の中でも約6割を占め、年齢が高齢になるにつれて発症率が上がるといわれている。 血液がつくられる過程には、骨髄系とリンパ系があるが、この急性骨髄性白血病は、骨髄系の過程で、白血球、赤血球、血小板になる予定にある細胞ががん化することで起きる。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ