がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表肝臓がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

肝臓がんに効く?食品・サプリメント肝臓がん

肝臓がん治療は他がん種と違い、エタノール注入・ラジオ波焼灼・肝動脈塞栓術といった、特有の治療法が存在する。これらは3大標準治療の実施も含め、ステージ(進行度)によって治療方針が決められ、単独または併用治療などで用いられる。 また肝臓がんは、B型肝炎などの肝臓病が要因からの再発なども多いため、肝臓がんだけでなく肝臓病の治療も必要となる。 多岐にわたる肝臓がん治療を問題なくやりきることは、肝臓...

> 続きを読む

肝臓がん名医を探すには肝臓がん

B型肝炎やC型肝炎、肝硬変などの肝臓病から肝臓がんを発症するケースが多いため、単純に「肝臓がんの名医」というだけで病院・医師を探すことは避けた方が良いかもしれない。もちろん、セカンドオピニオンも然りだ。 では何を基準に、肝臓がんの名医を探せば良いのか。 ここでは、患者自身に合った病院・医師を探すためのポイントをご紹介する。まずは、「患者の個々の肝臓がんの状態」「肝機能の状態」この2点を把握...

> 続きを読む

コーヒーは肝臓がんに良い?悪い?肝臓がん

国立がん研究センターで行われた、がんに対するコーヒーの効果に関する研究において、コーヒーが肝臓がんのリスクを下げることは「ほぼ確実」だと発表された。 コーヒーをほぼ毎日飲む人と飲まない人とでは、肝臓がん発症リスクに約半分の違いが生じ、1日のコーヒーの摂取量が増えるほど、発症率が低下していることも報告されている。 それでは、なぜコーヒーをよく飲まれる人は発症リスクが低いのか。...

> 続きを読む

肝内胆管がんは肝臓がんと違う?肝臓がん

肝内胆管がんは、原発性肝がんに分類され、かなり進行した状態でなければ自覚症状は現れない。 そのため、発見時には手術不適応な状態であっったり、遠隔転移を起しているケースが非常に多い。 さらにこの肝内胆管がん、化学療法での奏功率は約2割ほどで、現在確かとされる治療法は手術のみだというのが実状だ。...

> 続きを読む

肝臓がん末期の余命は変えられる末期 , 肝臓がん

肝臓がん末期とは、肝障害度がCの状態やリンパ節への転移、または肺や骨などに遠隔転移している状態だ。 5年生存率では4.0%、10年生存率では2.5%と厳しい状況だ。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ