がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表卵巣がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

卵巣がん末期の余命は変えられる卵巣がん , 末期

卵巣がんの末期、卵巣がんのステージ4だという方は、骨盤内の臓器を始め、肺、肝臓、骨などに遠隔転移している状態であると推測されているだろう。 この卵巣がんは、自覚症状が感じられないために、気づいた時には「末期の卵巣がん」であることを宣告され、取り返しのつかないことになってしまうかもしれない。 ただ、医学の世界は常に進歩し続けている。現在では卵巣がん末期であっても寛解する患者が存在するのだ...

> 続きを読む

卵巣がん転移させない方法を知る卵巣がん , 転移・再発

「手術したのに再発した・・・」「検査した時は転移はなかったのに、次の検査では転移していた・・・」など、いつの間にか再発・転移が起こりやすい卵巣がん。 卵巣がんがより進行している場合、転移している可能性や再発の可能性は非常に高くなる。...

> 続きを読む

卵巣がんステージ別の治療法ステージ・生存率 , 卵巣がん

卵巣がんステージ1の5年生存率は90%と高いが、ステージ4では10%前後と非常に低い。また無症状であるが故に、ステージ3以上で見つかることが多い。その場合、一度治癒しても数年以内に、再発・転移する可能性がとても高い。 また、卵巣がん治療の基本は手術になる。しかしステージによっては手術で取り切ることができない場合もあるため、治療法を検討していく必要が出てくる。...

> 続きを読む

絶望から光明卵巣がん最新治療卵巣がん , 治療・手術

卵巣がん治療の基本は手術だ。しかし、初期症状は無症状が多く、気付いた頃には転移や末期だったというケースも少なくない。 さらには、卵巣がんのタイプによっては進行スピードも早く、化学療法でもがんを抑えることが出来ないこともあり、手術を行ったとしても切除できずに閉じてしまうケースもあるのだ。 このように、治療が困難な状況に陥りやすい卵巣がんに対して、克服した患者はどのように乗り越えたのだろ...

> 続きを読む

信頼できる?その卵巣がん検査卵巣がん , 検査・診断

「手術をしてみないと、がんであるかどうかはわかりません。」 卵巣がんは良性腫瘍との判別が難しく、医師からこう言われることもある。 切除しがんと診断され治癒しても、ステージが高ければ数年以内の再発率が非常に高く、転移の可能性も同時に考慮される。そのため、無症状で進行しやすい卵巣がんは「沈黙の臓器」とも言われ、早期発見・治療が難しいと言えるがんなのだ。 そんな卵巣がんの可能性を調べる、...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ