がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表すい臓がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

膵臓がんの名医とは?すい臓がん

誰しもが「評判のいい病院・名医に診てもらいたい」と感じるのが切実であろう。しかし、近年ではテレビや書籍、インターネットの情報を信用することが難しい。 また、がん治療の場合、がん種・病期・患者の状態により治療が異なり、さらには患者と医師とのコミュニケーションが重要になる。 ではどのようにして、評判のいい病院や名医を探すのだろうか。...

> 続きを読む

膵臓がんの食事で必要なことすい臓がん

膵臓がんの標準治療には、主に外科治療、抗がん剤治療、放射線治療があり、がんの広がりや全身状態などを考慮し、複数を組み合わせた集学的治療が行われる。 術後には回復の度合いや再発の有無を確認するため、定期的に検査を受けることが大切だ。 膵臓がんの場合、特に血糖値の変化に注意が必要であり、食生活の見直しは重要にある。...

> 続きを読む

膵臓がんの術後についてすい臓がん

膵臓がんを切除できたとしても、約9割の患者が3年以内に再発する。そのため、多くの患者は術後の補助化学療法を継続していくことになる。 また、少なくとも術後5年間は、定期検査も受ける必要があるため、通院する頻度は他がん種より多めだと言われている。...

> 続きを読む

膵臓がん末期ステージ4の治療すい臓がん , 末期

膵臓がん末期ステージ4とは、膵臓がんが遠隔リンパ節や肝臓、胃、腹膜、骨などの離れた臓器にも転移している状態だ。 治療では主に抗がん剤治療や放射線療法などがおこなわれる。抗がん剤治療においてはジェムザールの単独投与がおこなわれてきたが、選択肢が少ないことがこれまで問題となっていた。 しかし2013年より4剤を併用する新たな治療法が承認されるなどその状況が変わりつつある。...

> 続きを読む

膵臓がんの転移・再発についてすい臓がん , 転移・再発

すい臓がんは進行が早く悪性度が高い難治性のがんで知られている。その理由の一つにすい臓がんは再発・転移がしやすいことがあげられる。 なぜならすい臓にはホルモンを分泌する機能があり、血流に乗ってがん細胞が拡がりやすい性質があるからだ。...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ