がんを成長させない、特殊な糖「フランDグルコース」2015年・2016年日本がん学会学術総会で公式発表胃がん

old-letters-436501_1920

私たちシンゲンメディカルは、本来がんが成長するための栄養素である「糖」に着目。
その糖を「フランDグルコース」として特殊加工することで、がんに効率的に取り込ませ、栄養とせず成長を阻害させることを発見しました。

> 続きを読む

スキルス性胃がんとは?症状や治療方法胃がん

スキルス性胃がんは胃がん全体の10%を閉め、進行が早く悪性度も高い、そして早期発見が難しいがんだ。 進行性胃がんには1型~5型という分類が存在する。そのうち4型が「びまん浸潤型」と呼ばれており、粘膜層の下に木の根のように広がっていくタイプの胃がんだ。この4型の胃がんが、ほとんどがスキルス性胃がんである。...

> 続きを読む

胃がんの5年生存率と10年生存率ステージ・生存率

胃がんは早期であれば、がんが粘膜上に盛り上がっていることが多く、手術で治る可能性が高いため、比較的に生存率は良好である。 しかし、進行して粘膜に湿潤し、他の臓器に転移していた場合、手術でがんを取り除いても再発のリスクが高く、Ⅳ期になると5年生存率が7.2%ととても厳しくなるのだ。...

> 続きを読む

スキルス性胃がんの末期(ステージⅣ)の治療法や余命末期

スキルス性胃がんは初期症状がほとんどない上に進行が早いため、進行した状態で発見されることも珍しくない。 毎年必ず健康診断を受けている人でも発見できないこともあるという非常に厄介なスキルス性胃がん。そんなスキルス性胃がんの症状やステージⅣにはどのような治療が有効なのだろうか。...

> 続きを読む

スキルス性胃がんステージ(余命)についてステージ・生存率

スキルス性胃がんは、胃がんの全体の10%を占めている「硬性胃がん」である。胃がんの中でもより悪性度が高く、早期発見が難しいとされている。 更にスキルス性胃がんは進行が早いため、非常に厄介ながんであることで有名だ。 ...

> 続きを読む

胃がんの内視鏡検査と内視鏡治療検査

胃がんの内視鏡検査は「胃カメラ」とも言われており、口または鼻から内視鏡を挿入して胃の内部を観察する検査である。 また、その内視鏡検査の結果、リンパ節に転移のない早期胃がんが発見された場合に適応されるのが内視鏡治療(内視鏡手術)だ。 ...

> 続きを読む

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

トップ