盲腸がんの治療法や原因について

2017年8月8日(火)

フランDグルコース利用者からの症例報告

76歳 女性/大腸がん ステージ4/2016年9月に発症
初回のがんで肝転移あり。点滴など対症療法と補完医療としてフランDグルコースを併用。

  • 開始前の検査開始前の検査

  • 開始後の検査開始後の検査

フランDグルコースの感想

経過観察をしながら対症療法をとの説明があり、直ぐに統合医療を調べ、フランDグルコースを姉に勧めた。始めの1カ月位は身体が楽になった様で効果を実感。ヘルパーの人手不足により、飲めない日があり体力が弱り、飲んだ後嘔吐と発熱があり飲用を拒否しとても残念だった。医師に見放されても、統合医療で自分の病状に合った補完療法を試してみる価値はある。

症例の結果を詳しく見る

盲腸がんの治療法や原因について

盲腸がんとは、大腸がんに分類され、その名の通り盲腸にできるがんである。

盲腸というと一般的に不要な臓器として有名だが、盲腸炎で切除するのは盲腸の中でも虫垂と呼ばれる部分。

盲腸がんができる場所とは部位が違うのだ。

驚きの臨床結果。注目の特許成分「フランDグルコース」とは

残念ながら、盲腸がんはこれといった初期の自覚症状は無い。

盲腸がんの症状

直腸がんなどの肛門に近い部位でのがんであれば、出血や便秘などの症状が出やすいが、盲腸の場合、通過する内容物がまだ液状なので、通過障害が起こりにくく、大腸がんの中でも特に症状が出にくいが、胸部の張り、貧血のような症状があらわれる頃には、しこりを感じられるほどにがんが大きくなっているケースが多い。

盲腸がんの治療法

盲腸がんは大きくなるまで症状が出にくいため、発見された時点で進行しているケースが多い。
そうなると、主な治療方法は手術でのがん細胞切除になる。

その他、放射線治療や抗がん剤投与などの治療が行われる場合もある。

化学療法は手術後の再発防止を目的とした場合と、根治が不可能な進行がんの場合に行われる治療法だ。

手術は肛門から内視鏡を挿入して切除する内視鏡手術、腹部に小さな穴をあけて腹腔鏡を挿入して切除する腹腔鏡手術、どちらも難しい場合は開腹手術になる。

盲腸がんの原因

盲腸がんは大腸がんの一種であるため、その原因には様々なものが挙げられる。

食生活の欧米化盲腸がんの原因のひとつに、日本人の食生活の欧米化が挙げられる。肉や動物性の油など、たんぱく質や脂肪分の多い食事に変化したことにより、便が大腸にとどまる時間が長くなり、便に含まれる発がん性物質が腸に悪影響を及ぼす
喫煙たばこの煙が直接、盲腸などに触れることはないが、発がん性物質を体内に取り込むため、吸わない人に比べると7倍もリスクが増える
過度の飲酒過度の飲酒も控えるべきだろう。
適度な飲酒はむしろ健康にいいとされているが、飲み過ぎると過度のアルコールの影響を受けがんになりやすいと言われている
運動不足米国国立がん研究所より、運動が盲腸がんのリスクを軽減することが報告されている。意識的に身体を動かすようにしたほうがよい
肥満肥満も盲腸がんの原因になると報告されている。特にBMI27以上は盲腸がん(大腸がん)になる可能性が上がるということだ。肥満が気になる場合は、運動不足解消とあわせてダイエットにも注力するべきである
遺伝盲腸にポリープができやすい人、そうでない人がいる。これは遺伝が関係しているとも言われている

転移・再発について

盲腸がんを含む大腸がんに関して、転移や再発は治療や手術終了後3年以内に見つかることが多いため、この気管は特に注意して検診を受けることが重要だ。

盲腸がんの転移には3通りある。

播種性転移

組織を透過して、がん周囲の正常組織に侵入する。

リンパ節転移

がん細胞が発生した部位からリンパの流れにのってリンパ節にたどり着き、そこで増殖することをリンパ節転移という。
そのため、がんの病巣を摘出する際は、より広範にできるかぎりのリンパ節を切除することが、再発防止のために非常に重要になってくる。

血行性転移

血液の流れにのってがん細胞が他の臓器にたどり着き、そこで増殖することを血行性転移という

盲腸がんステージ別5年生存率

ステージ5年相対生存率
ステージ094%
ステージI91.6%
ステージII84.8%
ステージIIIa77.7%
ステージIIIb60%
ステージIV18.8%
※データは大腸がん全般のもの

PickUP!メディカルニュース
学会でも注目されている、特許成分「フランDグルコース」驚きの抗腫瘍パワーとは?

学会でも注目されている、特許成分「フランDグルコース」驚きの抗腫瘍パワーとは?

がんの標準治療は、手術・抗がん剤・放射線の3つが中心となり、がんの状態に合わせて治療法が検討され、現在では、この3つの併用治療が最も有効だと言われている。

しかし標準治療を持ってしても、治療成績は良好だと言い切れず、がん細胞の増殖・成長速度に負けてしまう症例もある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ