食道がんに最適な食品やサプリメント

2017年8月8日(火)

食道がんは比較的、肺がんや胃がんなどに比べて発症率が低いがん腫ではなるが、近年増加傾向にあるのが現状だ。

また、消化器系の中でも食道がんは初期の自覚症状が少ない為、発見が遅れることがある。

早期発見、早期治療を心掛けるためにも、日常生活の中での、小さな異変に敏感であることや、食生活の見直し、サプリメントなどの補完代替医療にも注目していくべきである。

食道がんの治療に注目のフランDグルコースとは?

食道がんの主な治療法として手術、放射線、抗がん剤などがあるが、手術後の免疫力の低下によって、治療の継続が困難になる事も少なくないため、食生活の改善が重要になる。

特に食道がんの場合、野菜と果物を多く食べる人ほど食道がんのリスクが大幅に低下している報告が挙げられている。特に飲酒、喫煙習慣のある人ほど、意識的にこれらの摂取を心掛けるべきだ。

そのためにも普段からの食道がんに良いとされる、生活習慣、食生活など、ご自身で気を付ける事以外に、代替医療として注目されているフランDグルコースがサポートの鍵となる。

フランDグルコースは2015年・2016年の学会において発表され、2017年には抗腫瘍剤の製造方法の特許を取得している。

注目すべきフランDグルコース

がん細胞は成長、増殖し、全身に広がっていく。その成長するための栄養素となる糖に注目した。

その糖を特殊加工し、製造したフランDグルコースをがんに効率的に取り込ませ に栄養を与えず成長を阻害する事に成功した。

がん幹細胞を移植したマウスに、フランDグルコースを4週間に渡り経口飲用させた。その結果、がんの成長を大きく阻害するという驚くべき結果が確認された。

現在では医科大学との共同研究に加え、フランDグルコース含有食品によるヒトへのモニター試験を積極的に行っている。

PickUP!メディカルニュース
食道がんに衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

食道がんに衝撃を与えた臨床結果。フランDグルコースが示す新たな道。

食道がんを克服するためには、食生活の見直しは当然のことながら、その増殖・成長や転移のスピードより優位に立つ必要がある。

標準治療では主に手術を第一選択肢とし、抗がん剤治療や放射線治療が組み合わされる。過去の確率から最も有効とされた組み合わせだが、その成績はけして良いものばかりではない。がんの増殖スピードに勝てていないのだ。

そこでがんの研究においては従来のアプローチに加え、癌抑制遺伝子の働きや免疫の働きにも軸足をおいた、様々な研究に取り組まれている。

2015年と2016年の日本癌学会学術総会において発表し、その臨床結果に大きな大きな反響を呼んだ抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」もその一つだ。そのメカニズムの詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。当サイトにて紹介している治療の中には、個人差により副作用などのリスクが生じる可能性があります。

最新ニュース

当サイトについて

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ