知れば治せる腎臓がん

2017年10月18日(水)

初期の段階ではほとんど症状が出ない腎臓がん。進行が非常にゆっくりなため、かなり進行しないと症状が現れない。また、若い方にも発生のリスクがあると言われている。

しかし、早期発見すれば腎臓を温存する手術も可能なうえ、完治率も高いがん種だ。

知っていますか?がん細胞の成長を阻害する食品の存在

腎臓は左右に1つずつあるため、がんができた片方の腎臓を全摘出することが基本の治療法となる。それは、遠隔転移したがんでは手術はできないことが多いが、腎臓がんは少しでも病巣を摘出することで、生存期間を延長できる可能性が高いからだ。摘出したもう片方の腎臓がその機能を維持してくれるので、再発や転移防止に効果的な外科療法が行われる。

治療方法

腎臓はその性質上、抗がん剤や放射線があまり効果的ではない。一般的には外科療法によりがんの根治が難しい場合に行われる。

腎臓がんのステージ別5年相対生存率

ステージⅠ期97.5%
ステージⅡ期81.6%
ステージⅢ期71.3%
ステージⅣ期18.5%

腎臓がんは他のがん種に比べて生存率も高めだ。早期発見し治療が出来れば予後も良くなる。

PickUP!メディカルニュース
腎臓がんの成長を阻害した「フランDグルコース」の抗腫瘍メカニズムについて

腎臓がんの成長を阻害した「フランDグルコース」の抗腫瘍メカニズムについて

がんの3大標準治療では、主に手術が第一選択となり、抗がん剤・放射線を併用して行われることが最も有効だとされている。だが、必ずしもその治療が確実なものだとは言い切れないのだ。

その理由は、標準治療よりもがん細胞が早く増殖・成長してしまうと、治療成績は悪くなってしまうことにある。
そのため、多くの研究者・研究機関が今もなお、癌抑制遺伝子の働きや免疫機能にも着目し、多種多様な研究が行われている。

また、2015年と2016年と学会において大きな衝撃を与えた、シンゲンメディカルが発見した抗腫瘍活性成分「フランDグルコース」が2017年に特許を取得し、さらに一段と大きな注目を浴びている。その詳細はこうだ。

続きを見る

最新ニュース

※当サイトには医療・医薬品ではない、いわゆる食品成分に関する情報も含まれています。食品成分であるため一般の食品と同様に副作用やこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。また、一般の食品と同様に副作用やアレルギー反応などこれに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。尚、2016年現在、副作用やアレルギー反応などの報告はこれまでにありません。 当サイトの情報の正確性・公平性には最大限につとめていますが、効果や影響が保証されるものではありません。これらの情報には公的医療保険や高度先進医療などの適応に属さないものが含まれています。

最新ニュース

当サイトについて-

医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する製品情報を掲載しています。

お問い合わせ先

シンゲンメディカル株式会社
info@findmed.jp
お問い合わせはこちらで受け付けております。

最新ニュース

トップ